モデルを始めてから買ったもの

モデルを始めてから買ったもの

この6月で、モデル活動をはじめてから1年が経ったそうです。モデル「いろは」としてのお誕生日が梅雨の湿っぽい時期だというのは私らしくて気に入った(笑

私自身の誕生日は9月。それはそれでじめじめした残暑と夏の終わりの寂しさを感じる時期だから、これまた私らしい。(どんな奴やねん

▼ モデルの活動を始める前と後で何が変わったか?

生活は食べるものから変わったし、時間の管理も変わったし、関わる人も変わった。そんな中で急に人に会えなくなった2020年の春があって、寂しくなるかと思ったけれど、逆に連絡をくれたり、連絡をしてみたり…、SNSで気持ちの表現を見て、聞く時間が増えて、なんだか興味深いことの多い今日この頃。

(……前置きが長くなって、着地地点を見失う。)

 

▼ 被写体を始めて気づいたこと、そして購入したモノ

被写体になってまず驚いたのは、カメラに写る自分の姿が鏡で見ている私と少し違うこと。

でもこれ、少し考えれば分かる簡単なことだったんだけど…。鏡で見ている自分は反転しているわけで、他人から見た私は鏡の中の私とは反転して見えている。だから、いくら自分でメイクしてバランスを整えて完璧だと思っても、反転して見たら少しバランスが崩れる。(ちなみに自撮りカメラは鏡の中の自分と一緒)

それに気づいて、私は反面鏡を買った。メイクをしたら、必ず最後に反転した自分を確認するようになった。反面鏡になるアプリもダウンロードした。モデルをするなら、他人から見た自分はどう写るのかをちゃんと知っておきたかった。

私なりに試行錯誤しております。

いろはカテゴリの最新記事